入院ではなく在宅医療を選択するメリット

 在宅医療と聞くと費用がかかり家族の負担も大きく大変なだけというのが一般的なイメージです。また、病院で受けるよりも質の低い医療しか受けられないという認識を持つ人も多くいます。しかし、在宅医療ならではのメリットもたくさんあります。何よりもまず、患者の健康や症状を家族が理解できることです。もちろん家で介護をする以上、簡単な医療行為を自ら患者にしてあげないといけないので家族全員の協力は必要です。おむつ替えや体位の変更など体力的にも負担は大きいでしょう。しかしながら、それをすることによって家族全員が患者の状態を気にかけることになり、それは結果として患者の健康面や心理面に良い影響を与えることに繋がります。更に、看護師も患者のそばにいて治療や介護をしてくれるので、急な異変が起きた場合など迅速な対応を受けることができます。
派遣されてくる看護師は何かあったときに自分の判断で対処をすることを求められるため、経験豊かで知識が豊富な人がほとんどです。費用に関しても個室の料金や病院まで通う家族の交通費などが必要ではなくなります。経済的に余裕がない人こそ、個室の料金や交通費が当然いらない自宅での治療や介護をおすすめします。在宅医療は、患者が最期を迎えるその瞬間まで共に過ごし、そして天国へ送ることが可能となります。また、患者自身も最期の瞬間を自宅で迎えられることは何よりの幸せではないでしょうか。このように、家族と患者のことを考えるなら、この医療方法を選択するメリットは大きいのです。