在宅医療で行える介護の仕事

 高齢化が進む社会の中で、高齢者が住み慣れた場所で自分らしい暮らしを送りながら人生の最期を迎えることができるように、医療機関と介護サービス事業者が連携し関わり合いながら行う在宅医療の分野はますます注目されています。在宅医療の分野で活躍している介護職の仕事は主にケアマネージャーやケアワーカー、ホームヘルパーといった職種があります。ケアマネジャーの仕事は利用者とその家族と話し合い、保険内で利用可能なサービスや、地域のプログラム、施設などを紹介し、ケアプランを作成していくことを言います。総合的な管理や運営を行っており、各種の専門職と連携を取りながら支援ネットワークを構築していきます。ケアマネジャーの資格を取るためには国家資格や5年以上の実務経験が必要で、ケアワーカーからケアマネジャーへのステップアップを目指す人がとても多いことが特徴です。
次にケアワーカーの仕事ですが、ヘルパーステーションでホームヘルパーとなり、利用者の自宅に訪問し、様々なサービスを提供していきます。ケアワーカーの資格は国家資格であるため、ヘルパーステーションでも管理者やサービス提供責任者といった管理職の仕事につく場合もあります。最後にホームヘルパーの仕事ですが、利用者の自宅で、日常生活の援助から身の回りのお世話まで様々なサービスを行っていきます。ホームヘルパーになるためには介護職員初任者研修の資格を持っていることが必須となります。職種によって必要な資格や経験が異なってくるため、事前に調べておくことが大切です。